Arduinoに目覚める

Arduino

しばらくぶりなブログです。
ちょっと情報も発信しつつ情報も得たいな〜というのもあり、これからArduino関連にかたよるかもしれないですが、色々書いていこうかな〜と思っています。


最近、ウェアラブルデバイスが色々出てきてますね。
自分自身は、機械関係は全く興味が無かったんですが、最近Arduino触ってて楽しくて仕方がないです。


キッカケは、息子がロボロボの会に参加し始めたから。
色々息子と一緒にやっていく内に自分で作りたくなってしまったという、今では私の方がはまってるという事になってましいました。

このロボロボの会でやっているのは、ロボカップジュニアにあるサッカーチャレンジのロボット。
これに勝つためにAruduinoでやってみようという事になって触ってたら、これができれば今はやりのウェアラブルデバイス出来るよねってことに発想が膨らみ楽しんでます。


まず購入したのは、Arduinoをはじめようキット


LEDやスイッチや明るさセンサーなど色々と試してみる事ができるキット一式が入っています。



このArduinoをはじめようという本に書かれているサンプルをすぐに試せるので、同時にやると理解度が増しました。


最初は、ブレッドボードを使って1つのセンサーのみを使用してたんですが、複数やるにはどうしたら?とか色々と疑問が。
都度、ネットを検索して、こうしてプラスとマイナス使うのかとかいろんな方のブログの配線を元に知識を蓄えました。
(どこかのブログには初心者でもできるので、間違っている配線とかがネット上で転がってるらしいです。それを判断出来る知識は無いんですが試行錯誤しながらですね〜)


最初は、LEDと超音波センサーをくっつけて配線して超音波センサーがショートしたのか、1個壊しましたwww
あぁ、もったいない。
これでちゃんと配線しないとショートするのねと勉強になりました。
覚える事いっぱいだけどすんごい楽しいです。


今度はBLEの事書こっかな。

スポンサーリンク