タイ バンコクビジネスツアーで知ったこと 番外編



先日タイ バンコクビジネスツアーで知ったことという記事を書きましたが、その続編というか番外編です。

今回のはあくまでも自分視点で。


今回タイに行って自分自身どうなるかというのを再認識しました。

それをまとめてみました。


・元から自由奔放な方ですが、海外行っても一人でブラブラとするのが好きでだいぶ自由に動いてました。
 自由に動かせてくれたれいさんに感謝。
 日本に戻ってきてから話す人みんなに無事でよかったと言われ、自分があまりにも気にしてなさ過ぎだったのかな?

・英語は分かる単語があるとある程度聞き取れる。というか、雰囲気で理解してる。多分。
 日本語に変換して理解してるというか、英語でニュアンスを掴んでいるというか、よくわからないけど。
 ま、それで英語を理解しようとしてるのが正しいのかどうかもわからないけど。
 それに英語で答えたいと思うのだけど知ってる単語しか出てこないので、もどかしさを感じる。
 英会話はじめようかな〜。単語も覚えないとね。

・むか〜し、大学は留学する?と親に聞かれたのにビビって行かなかったのに、今ではわりとお店の人と話したりというかジェスチャーも含むけど、コミュケーション取ろうとしてるので、だいぶ楽しかった。
 もっと海外行きたいと思った。

・バンコクは電車もあるので、一人で電車に乗ったりできたけど、それが車しか使えない国だとどうなるんだろうとか思ったりした。
 一人だとビビるかな?
 マレーシア、ベトナム、アメリカ、イギリス色々行ってみたい。

・20代ぐらいのモードが復活してる。
 色々やりたいことが多くて人生設計立てれない状況に。
 20代独身なら色々できるだろうけど、私の場合は、子どもがいるからそれらも考えつつ、どういうことをしたいか、どれを実現しようかとか考えるように。
 自分一人だけじゃないので、人生設計立てたところで、子どもの進学がどうとか、病気してどうとかで、ことごとく覆ってしまうんだけどね。

 子どももいるので、子どもがいる方からすると、まだ小学生で小さいから寂しいんじゃないのとか、もうちょっと後でとか言われたりするのだけど、どうしましょうね〜
 考えましょう(^_^)
 ちゃんと稼ぐということもしないと生活に影響あるし、側面だけをみると、子どもが〜になるし、また側面をみると、ちゃんと考えて働けとかになるし、こう全体をひっくるめて考えるとですね、色々難しいのですよ。

仕事と家庭(子ども)って両極端でどちらも正論なんだけど、今私の現状で何がベストかを考える必要があるってことですね。


話が色々飛んでいったところで終わりにしましょう。(^_^)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク