運動会とロボット教室 真逆の子どもたち

IMG_3595

日曜日は、中学校の運動会だった。
中学生なので、小学生より運動能力が上がっていて、全員リレーとか見てると面白い。
やっぱり足が早い子が走ってると、親もみんなテンション上がる。

そういう子を見てるとすごいな〜なんて思うのです。

IMG_3548


そして、たまたま午後から息子のロボット教室が重なってしまった。
お弁当まで一緒に食べて、午後からは、先に帰ってロボット教室へ。
中学生だし、私のいとこ家族やおばあちゃんも見てくれたので、一人抜けてきた。


ロボット教室は、3回コースで初回は、前回参加した時とほぼおなじ感じ。
A地点からB地点へロボットを動かすプログラム作る。
後は、床の明るさを感知するセンサーを使って、楕円のライン上を走るロボットにするプログラムを書くというもの。

IMG_3609

那覇にロボロボの会というのがあって子どもたちが無料でロボットについて学べる会があって、その子どもたちも参加されてた。
もうすでにいくつものモーター使ってて上級者。


みていると、メガネ率高い!

午前中に見てきた運動会では、運動が秀でている子がかっこいいね〜という印象だったけど、ロボット教室は、ロボット教室で、そこに長けた子どもたちがいる。
運動が長けていると、全ての人からすごいね〜と言われるけど、パソコンとかプログラミングとか、ロボットとかになると、外で遊んだほうがいいんじゃないとかって言われる場合もある。

この違いはなんなんだろうね〜
どちらも、それぞれの得意分野を楽しんでいるんだけどね〜


ものづくりで発展してきた日本だから、ものづくりを子どものうちから楽しんでいるのは頼もしいし、将来どうなるか楽しみだな〜と思う。


小学3年生ぐらいの男の子がどのパーツを買っていいか分からなくて、先輩の中1ぐらいの子に聞いてた。
このパーツを買っても、その子のプログラミング技術じゃ制御できないということで、もっと別のものというアドバイスをしてた。
なんか、すご〜いとか感動したよ。


今度は10月楽しみ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク